たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

※当サイトのURLは https://tanmen.club/ です。見た目が同じでもURLが違うサイトへのアクセスは十分お気をつけください。

【おかわり】相変わらず美味しゅうございました。/東京・上石神井/一圓/たんめん

2021年7月訪問

2週の夏休みを終えて今週から再開です。

 

先日のタンデミー賞2020で総合3位に選んだ一圓さんに

久々に行ってきました。

tanmen.club

 

脳内では早く食べに行きたいな、と散々想いは巡っていましたが、

新規開拓を優先していたため、なかなか行けませんでしたが、

先日ようやく行くことができました。 

本日のお店

ということで、

一圓さん、3度目の登場です。

 

もはや味覚チェックも兼ねてます。

もし、ここのたんめんを「美味しくない」と感じるようになったのなら、

それは、自分の味覚が変化したんだなあ、と。

f:id:TanmenClub:20200505143426j:plain

外観(再掲)

それにしても・・・あれ?

いつの間にか公式HPが開設されてまんがな。

www.ichien-kamisyakuji.jp

どうやら本店以外の一圓各店がバッラバラにHP立ち上げるぽいです。
今時物凄くゆる~いチェーン店です(笑)

 

恐らくこのたんめんは上石神井店独自のメニューなので

他のお店に行っても無い可能性が高いです。ご注意ください。

 

注文&到着

腹は決まってます。

毎度のたんめん&水ぎょうざ、合計ジャスト1000円。

f:id:TanmenClub:20210725015744j:plain

麺メニュー

ここのたんめんは野菜のみの肉なしたんめんが特長です。
なので、餃子で肉分を補充しています。

 

7分ほど待ったところで餃子と一緒にやってきました。

f:id:TanmenClub:20210725020158j:plain

たんめん

う~ん、見た目はいつも通り!

味が変わってたらどうしよう・・・なんて不安は吹き飛びます。

スープ

透明感があるスープです。

頂いてみましょう。

 

あ~この味だ。

久々だけど、一瞬で味の記憶がよみがえります。

この旨みと塩味のハーモニーが絶妙なんです。

やっぱり美味しい!!

f:id:TanmenClub:20210724083141j:plain

透明感のあるスープ

先述の通り、ここのたんめんは肉が一切入っていません。

今まで気づきませんでしたが、もしかしたら

肉の脂のような味をぼやけさせるものが入っていないのが

このスープの美味しさの秘訣かもしれません。

具材

ということで、肉っけ一切なしの野菜のみのたんめんです。

写真の通り、たんめんでは割とありがちな基本的な野菜たちです。

f:id:TanmenClub:20210724095106j:plain

タンメン

そうそう、そういえば、

たまに野菜が変わることがあります。

春先は白菜が入っていたり。

 

ここのお店は、年中季節限定メニューが開発されていて、

そんな限定メニュー用に仕入れた野菜が使われているっぽいです。

なかなか楽しいお店です。

 

限定メニューは店内に手書きされているので

気になる方は行ってみてください。

結構ユニークなもの、これ旨いの?っていうものもありますよ!!

いつもの中華麺。

麺はちょっと柔めなことが多いのですが、

今回は珍しく固めの茹で加減でした。

f:id:TanmenClub:20210724095157j:plain

今回はちょっと固めの茹で加減

個人的にはこれぐらいが好みの固さかな?という感じでした。

でも一方で、思ったより今までの柔めも悪くはなかったなぁとも思ったり。

時間が経てばどのみち柔らかくなるんですけどねっ! 

まとめ 

久々に行きましたが、

相変わらず美味しゅうございました。

 

それ以上言うことなし!!

 

過去記事はこちら

tanmen.club

tanmen.club

 

メモ(2021年7月時点)

  • 店名: 一圓
  • 公式サイト:

    www.ichien-kamisyakuji.jp

  • お店の場所:

  • ぐるなび

    r.gnavi.co.jp

  • 注文したたんめん: タンメン(値段:650円)
  • 目視できた具材: 青菜、キャベツ、たまねぎ、にんじん、もやし
  • 肉入り?: NO
  • 個人的な感想: 相変わらず美味しゅうございました。

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★