たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

そば屋のたんめんシリーズ/東京・東十条/稲廼家(いねのや)/タンメン

2021年3月訪問

突然ですが、「そば屋さんが作るたんめん」って気になりませんか?

 

このブログでも何店か記事にしましたが、

そば屋のたんめんはどんなものが出てくるか予想できない面白さがあります。

 

そばがベースになっていたり、逆にそばとは別物と割り切っていたり、

はたまた具材に工夫があったり・・・

 

そのそば屋さんの考え方が反映された個性的なたんめんが生まれるのだと思います。

今回のお店はそんなたんめんの一つ。

 

本日のお店

本日のお店は稲廼家(いねのや)さんです。

Google Mapだと稲廼「屋」になっていますが、正しくは「家」です。

 

JR東十条駅で下車して、赤羽方面に歩きます。

JR赤羽駅で下車して東十条方面に歩くのもありかも。

新宿側から行く場合は、JR十条駅から散歩がてら歩く手もありそうです。

f:id:TanmenClub:20210329195954j:plain

外観

  

注文&到着

綺麗な店内です。テーブル4卓の他、カウンター的な席もあります。

また、店員さんが適度にフレンドリーで安心します。

 

f:id:TanmenClub:20210328222649j:plain

メニュー(一部)&マスクケース&ほうじ茶

 

もちろんタンメンを注文しましたが、

他にも美味しそうなメニューがいっぱい!!

なにかミニ〇〇があればそれも頼もうと思ったけどなかったです。残念。

f:id:TanmenClub:20210329200154j:plain

定食やセットもあります

 

そんなに待たずに到着です。

f:id:TanmenClub:20210329200321j:plain

タンメン

 

う~ん、カツオっぽい出汁の香りがしてきます。 

そば屋さんですねーーー 

 

スープ

ひと口いただきますと・・・

出汁を煮こんでるのもあってか、いわゆる複雑な味ってやつです。

好き嫌いは分かれるかも。

 

しょうゆ系のたんめんになります。 

あぶらっぽさがないという意味では優しい味だと思います。 

 

f:id:TanmenClub:20210329200530j:plain

タンメン

  

具材

たんめんの具材としてはたまに見かけるぐらいのわかめが目を引きます。

今まで出会ったのは↓ぐらい。 

tanmen.club

 

全体的にしっかり柔らかく煮込んであります。

 

厚みのある豚肉を使っているのはかつ丼などのメニューもあるからでしょうか?

歯ごたえがあって好きです。

   

f:id:TanmenClub:20210328221754j:plain

 

標準的なラーメン用の麺といった感じです。

こちらも具材と同様にしっかり煮込まれているようで柔らかめですが、

これが意外と馴染んでいて悪くないです。

 

f:id:TanmenClub:20210328222058j:plain

特製どんぶり

 

あっさり系塩たんめんともまた違う、出汁の効いたよく煮込まれた優しいたんめんです。 

しょうじき好み度から言うとそこまでではないですが、具材やスープのオリジナリティには楽しませてもらいました。

 

メモ(2021年3月時点)

  • 稲廼家(いねのや)
  • 公式サイト: なさそう
  • お店の場所:

  • 注文したたんめん: タンメン(値段:610円税込み)
  • 目視できた具材: キャベツ、たまねぎ、にんじん、もやし、わかめ、なると、豚肉
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: 出汁香るスープとわかめが特徴のそば屋のたんめん。しっかりと煮込まれていて優しい感じ。GoogleMapsは「屋」になっているが、正しくは稲廼「家」。

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★

にんにくが支配するスタミナ系たんめん/東京・大久保/中華寿楽/タンメン

2021年3月訪問

今回は新宿区の大久保にあるお店をチョイスしました。

 

王道系たんめんばかり出会っていたので正直たんめんに飽きてきていたのですが、

前回に引き続き偶然ここも王道系たんめんではありませんでした。

 

まだまだ探せば個性のあるたんめんは見つかるようです。

 

本日のお店

さて、本日のお店は中華寿楽さんです。

 

JR大久保駅で下車して、大久保通りを西に2分ほど歩き、交差点を渡ってすぐのところにあります。

JR新大久保駅からも大久保通り沿いに行くことができます。

f:id:TanmenClub:20210322232317j:plain

外観

 

会社帰りに行ったところ、先客は1組。

お店には申し訳ないですが、安心して入店できました。 

 

注文&到着

迷わずタンメンを注文しました。

といっても他にも長崎チャンポンや海鮮タンメンなど魅力的なメニューがあります。

f:id:TanmenClub:20210323000051j:plain

麺メニュー


 

タンメンセットというチャーハンと餃子のセットもあるようですが、

それは恐ろしいほどの炭水化物祭り。よって単品で正解。

 

なおメニューにも書かれていますが、

スープは化学調味料を使わずにつくっているそうです。

果たしてどんなたんめんスープに仕上がっているでしょうか。

 

そんなに待たずに到着です。

f:id:TanmenClub:20210322235624j:plain

タンメン

 

第一印象、  

 

あぶらテラッテラやな!

 

輝き方が違います。光の反射がすごすぎて写真を撮るのもひと苦労です。

香りは特に目立ったものは感じませんでした。

 

スープ

思ったより透き通ったスープです。

ひと口いただきますと・・・

 

おおっ、にんにくが支配しとる!

 

前回の一番飯店のときとは違うけど、にんにく感強いです。

塩味や旨味よりもとにかくにんにくです。ここまでくるとさすがにやり過ぎかなぁ。

嫌いじゃないけど、味のバランスは悪いかも。

といいつつ、ガシガシ飲んでしまいます。

 

あと、あぶらテラッテラということは・・・

ずっと熱いってことです。

 

口の中やけどしました。薄皮はがれました。

食べる際はどうぞお気を付けて。

 

f:id:TanmenClub:20210323211436j:plain

タンメン

 

具材

山盛り感はないので、量が少なそうに見えますが普通といったところでしょうか。

 

内容はよくある組み合わせですが、野菜たちが続々とにんにくに染まる中、

豚肉は豚肉の風味を保っていて味変的な存在でした。

 

にんにく強めのスープにニラも入っていることから、

スタミナつけたいとき向けのたんめんと見てよいでしょう。

 

 

f:id:TanmenClub:20210323212253j:plain

ちぢれ麵

 

細ちぢれ系の麺です。例によってもやしと比較して細いことがわかります。

ゆで加減など特に特筆すべきものはないですが、逆に言うと、ちょうどよく仕上がっています。 

 

量は普通??少ないとは思いませんでした。 

 

おまけ

麺類以外にも定食や一品もあります。

たんめんはにんにく的に仕事中のランチには向かないかもしれませんが、

これだけメニューがあればきっと食べたいものが見つかるハズ。 

f:id:TanmenClub:20210323213140j:plain

定食メニュー

 

 

メモ(2021年3月時点)

  • 中華寿楽
  • 公式サイト: なさそう
  • お店の場所:

  • ぐるなび: r.gnavi.co.jp
  • 注文したたんめん: タンメン(値段:750円税込み)
  • 目視できた具材: キクラゲ、キャベツ、たまねぎ、ニラ、にんじん、もやし、豚肉
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: にんにくが味を支配するスタミナ系たんめん。ちょっとにんにくが強すぎる印象はあるが、嫌いではない。

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★

【番外編】手塚治虫先生が愛した特製上海焼きそば/東京・高田馬場/一番飯店/特製上海焼きそば

2021年3月訪問

高田馬場といえば手塚治虫先生ゆかりの街。

先日に続き一番飯店さんに行きました。

 

といっても今回は番外編ということで、

手塚治虫先生が愛した特製上海焼きそばをいただきに来ました。

 

たんめんについては↓をご覧ください。 

tanmen.club

 

  

f:id:TanmenClub:20210320195802j:plain

高田馬場駅前の壁画から

 

前回の記事で書いたように、高田馬場駅前のガード下には、

たくさんの手塚キャラクター達が描かれた壁画があります。

上記写真はほんの一部なので、興味のある方は現地に行ってみてください。

 

本日のお店

本日のお店は一番飯店さんです。

 

高田馬場駅を降りて早稲田通り沿いを西にひたすら歩きます。

通り沿いのお店が減ってきたあたりでようやく見えてきます。

f:id:TanmenClub:20210320083421j:plain

外観(再掲)

 

注文&到着 

ほかの麺メニューと比べてお高いので、ちょっと躊躇うところはありますが、

ここまできたら特製上海焼きそばを頼むしかないでしょう。

f:id:TanmenClub:20210320083500j:plain

メニュー(再掲)

 

休日の開店して間もなくの時間に入店したため、

先客はほぼいませんでした。静かに待ちます。

 

10分ほどして到着。

f:id:TanmenClub:20210320201346j:plain

特製上海焼きそば

 

上海焼きそばといっても、

ソース焼きそばのしょうゆベース版ではなくてあんかけ焼きそばです。

 

なかなか具だくさんです。

鮮やかな彩りというわけではないですが、逆に高級感があります。

 

スープがついてきます。こちらは鶏ガラベースの

昔ながらのラーメンスープっていう感じの懐かしい香りがします。

f:id:TanmenClub:20210320201859j:plain

セットでついてくるスープ

 

スープ

スープというか餡ですが、

しょっぱいとか甘いとかはなく落ち着いた味に仕上がっています。

 

そうなると途中で飽きる懸念はありますが、それを見越してか?

ちゃんとカラシが添えてあります(画面奥に写ってるヤツです)。これがいいアクセントになります。

 

中華餡でときどきうっかりやけどすることがあるのですが、

こちらはそこまで熱々ではないので、安心して食べられました。 

f:id:TanmenClub:20210320202607j:plain

特製上海焼きそば

 

具材

具だくさんで麺が全く見えません。

あさりやイカ、エビの海鮮系やキクラゲ、しいたけ、袋茸ときのこ系が多いですね。

プリプリ食感が楽しめるものが多いです。

 

これなら漫画原稿の執筆中でもしっかり栄養が採れそうです。

 

エビは大小2種類のエビが使われています。大きいエビは衣で揚げてあるようです。

鶏肉も入っていますが、こちらも衣で揚げてあるようです。

芸が細かいな。

 

ちなみにしいたけが香りのベースになっています。

しいたけ苦手な人には辛いかなあ。 

f:id:TanmenClub:20210320203651j:plain

細ちぢれ麺

 

麺は細ちぢれ麺でたんめんと同じものでしょう。


・・・具だくさんすぎて、
麺が足りないことに途中で気づきました。やむなくしばらく具だけ食べて調整しました。

 

具材と中華餡との絡みより、麺と中華餡との絡みが美味しかったので、

そういう意味でも、もう少し麺が多いと楽しめていいかもな、と思いました。

 

結論

値段高いなっ!と思いましたがそれに見合った具だくさんな内容でした。

麺がもう少し多いともっと楽しめそうです。

 

以上、手塚治虫先生が愛した逸品のレポートでした。

 

 

メモ(2021年3月時点)

  • 一番飯店
  • 公式サイト:

    ichibanhanten.com

  • お店の場所:

  • ぐるなび: 
    一番飯店
    〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-28-18
    2,000円(平均)1,000円(ランチ平均)
    r.gnavi.co.jp
  • 注文したたんめん: 特製上海焼きそば(値段:1450円税込み)
  • 目視できた具材: チンゲンサイ、キクラゲ、しいたけ、袋茸、アサリ、イカ、エビ、小エビ、鶏肉
    あさり
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: 値段高いなっ!と思ったがそれに見合った具だくさんな内容だった。麺がもう少し多いともっと楽しめそう。

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★