たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

※当サイトのURLは https://tanmen.club/ です。見た目が同じでもURLが違うサイトへのアクセスは十分お気をつけください。

空から日本を眺めてみよう!vol.2(解答編)

今週のお題「自由研究」

「空から日本を眺めてみよう!vol.2」

の回答編です。

 

vol.1の解答とvol.2の出題は↓の記事になります。

tanmen.club

 

f:id:TanmenClub:20210812075531j:plain

空から日本を眺めてみよう!

では、さっそく正解を発表!!

 

正解:1問目

問題:

なかなか街々したところです。

夏の昼ごろのフライトで、だいたい北向きに撮影しています。

 

よく見ると特徴的なものがいっぱい写ってますが、

細かいので意外と難しいかもしれません。

これは「○○県上空」レベルの回答で十分でしょう。

 

ヒント:

・左側は海です。奥の方は山です。

・離陸中です。 

・かなり広域が写っています。中央少し上付近を斜めに横切る直線は大きな川です。そして中央の大きな緑地はなんでしょう?

f:id:TanmenClub:20210812222429j:plain

どこの上空でしょうか?

 

解答:

中には真ん中の緑地だけでピンときた方もいらっしゃるでしょうが、

 

ヒントから、北向きの写真で左側に海があって、奥が山で

空港が近い場所、しかも大都市を探してみるのが正攻法でしょう。

 

北向きのときに左側に海がある地域の空港は、日本海側や九州の西側の空港、

中部空港、関西空港松山空港南紀白浜空港あたりが挙がるでしょう。

あと、羽田空港も千葉県側に離陸して北上したらありうるかもしれません。

 

その中で大都市が近いところは、

新潟、羽田、中部、関西、松山、福岡あたりに絞れます。

 

そして奥に山があるのは、羽田、中部、関西ぐらいでしょうか?

あとはそれぞれの街の地図を見て、

臨海部や川などの地形や特徴を照らし合わせていくのがよいと思います。

 

ということで、

正解は「大阪府上空」です。

堺市付近上空」(正確な飛行機の位置はもっと南だと思いますが)でもOKです。

 

左側が大阪湾、真ん中の緑地が仁徳天皇陵になります。横切る川は淀川となります。

関空から北側に離陸してまもなくで撮影しました。

写真を見ると梅田はもちろん、遠くは高槻~箕面~西宮付近まで写ってますね。

正解:2問目

問題:

撮った私自身が1時間GoogleMaps上で悪戦苦闘しました^^;

航空写真モードだと山と湖の区別がつきづらいのが敗因です。

でもこうやってあれこれ彷徨って探し当てるのが醍醐味なのです。

 

おおよそ南向きに撮った写真です。前回の2問目と同じ新潟発のフライトです。

このフライトの目的地は中部空港でフライトのかなり後半に撮りました。

では、みなさんも存分に彷徨ってみてください。

 

ヒント:

・中央にあるのは川と湖です。よく見るとダムになってます。それとゴルフ場もポイントです。

・写っている川は河口が三河湾にあります。

・愛知県から岐阜県にかけての湖を片っ端から見れば見つかる!!

f:id:TanmenClub:20210812235512j:plain

どこの上空でしょうか?

解答:

問題文中から拾えるヒントをまとめると下記になります。

・おおよそ南向きに撮った写真

・新潟→中部便のフライトのかなり後半

ここまでのヒントから岐阜県~愛知県の山の中と絞り込めるでしょう。

 

飛行機の飛行コースに詳しい方ならそれだけで見当がついてしまうかもしれません。

 

さて、

3つのヒントを見ると一気に難易度が下がります。

三河湾に注ぐ川から逆走するか、愛知県から岐阜県に絞って探すのがよいでしょう。

湖の形など特徴は最後の決め手として使っていきます。

 

ということで、

正解は、愛知県と岐阜県の県境にある奥矢作湖の近辺です。

マップを見てもわかりづらいですが、県道356のアイコンがあるところが湖です。

この奥矢作湖から流れる矢作川を延々辿っていくと、

愛知県西尾市三河湾に注ぎます。

それにしてもこんな山の中にまで人間の手が及んでいることが凄いなと感じました。

 

おわりに  

正解できたでしょうか?

解答を作ってみると、これ飛行機や空港の知識がないと難しいんじゃない?

と思い始めたので、わからなくても何にも問題ありません!

 

さて、 

まだまだ色々な日本を空から眺めて見ると面白い発見があると思います。

飛行機に乗る機会が減っているのが残念ですが、

そのうち乗りやすくなる日が来ることを願って。

 

では、vol.3はまたいずれかの機会に。

-----

ちなみに普段は、自分好みの「たんめん」を探し求めて

食べたたんめんをブログに残しています。

ご興味があれば併せてご覧いただければ幸いです。 

tanmen.club

 

tanmen.club