たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

そば屋のたんめんシリーズ/東京・東十条/稲廼家(いねのや)/タンメン

2021年3月訪問

突然ですが、「そば屋さんが作るたんめん」って気になりませんか?

 

このブログでも何店か記事にしましたが、

そば屋のたんめんはどんなものが出てくるか予想できない面白さがあります。

 

そばがベースになっていたり、逆にそばとは別物と割り切っていたり、

はたまた具材に工夫があったり・・・

 

そのそば屋さんの考え方が反映された個性的なたんめんが生まれるのだと思います。

今回のお店はそんなたんめんの一つ。

 

本日のお店

本日のお店は稲廼家(いねのや)さんです。

Google Mapだと稲廼「屋」になっていますが、正しくは「家」です。

 

JR東十条駅で下車して、赤羽方面に歩きます。

JR赤羽駅で下車して東十条方面に歩くのもありかも。

新宿側から行く場合は、JR十条駅から散歩がてら歩く手もありそうです。

f:id:TanmenClub:20210329195954j:plain

外観

  

注文&到着

綺麗な店内です。テーブル4卓の他、カウンター的な席もあります。

また、店員さんが適度にフレンドリーで安心します。

 

f:id:TanmenClub:20210328222649j:plain

メニュー(一部)&マスクケース&ほうじ茶

 

もちろんタンメンを注文しましたが、

他にも美味しそうなメニューがいっぱい!!

なにかミニ〇〇があればそれも頼もうと思ったけどなかったです。残念。

f:id:TanmenClub:20210329200154j:plain

定食やセットもあります

 

そんなに待たずに到着です。

f:id:TanmenClub:20210329200321j:plain

タンメン

 

う~ん、カツオっぽい出汁の香りがしてきます。 

そば屋さんですねーーー 

 

スープ

ひと口いただきますと・・・

出汁を煮こんでるのもあってか、いわゆる複雑な味ってやつです。

好き嫌いは分かれるかも。

 

しょうゆ系のたんめんになります。 

あぶらっぽさがないという意味では優しい味だと思います。 

 

f:id:TanmenClub:20210329200530j:plain

タンメン

  

具材

たんめんの具材としてはたまに見かけるぐらいのわかめが目を引きます。

今まで出会ったのは↓ぐらい。 

tanmen.club

 

全体的にしっかり柔らかく煮込んであります。

 

厚みのある豚肉を使っているのはかつ丼などのメニューもあるからでしょうか?

歯ごたえがあって好きです。

   

f:id:TanmenClub:20210328221754j:plain

 

標準的なラーメン用の麺といった感じです。

こちらも具材と同様にしっかり煮込まれているようで柔らかめですが、

これが意外と馴染んでいて悪くないです。

 

f:id:TanmenClub:20210328222058j:plain

特製どんぶり

 

あっさり系塩たんめんともまた違う、出汁の効いたよく煮込まれた優しいたんめんです。 

しょうじき好み度から言うとそこまでではないですが、具材やスープのオリジナリティには楽しませてもらいました。

 

メモ(2021年3月時点)

  • 稲廼家(いねのや)
  • 公式サイト: なさそう
  • お店の場所:

  • 注文したたんめん: タンメン(値段:610円税込み)
  • 目視できた具材: キャベツ、たまねぎ、にんじん、もやし、わかめ、なると、豚肉
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: 出汁香るスープとわかめが特徴のそば屋のたんめん。しっかりと煮込まれていて優しい感じ。GoogleMapsは「屋」になっているが、正しくは稲廼「家」。

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★