たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

※当サイトのURLは https://tanmen.club/ です。見た目が同じでもURLが違うサイトへのアクセスはご注意ください。

にんにくが支配するスタミナ系たんめん/東京・大久保/中華寿楽/タンメン

スポンサーリンク

2021年3月訪問

今回は新宿区の大久保にあるお店をチョイスしました。

 

王道系たんめんばかり出会っていたので正直たんめんに飽きてきていたのですが、

前回に引き続き偶然ここも王道系たんめんではありませんでした。

 

まだまだ探せば個性のあるたんめんは見つかるようです。

 

本日のお店

さて、本日のお店は中華寿楽さんです。

 

JR大久保駅で下車して、大久保通りを西に2分ほど歩き、交差点を渡ってすぐのところにあります。

JR新大久保駅からも大久保通り沿いに行くことができます。

f:id:TanmenClub:20210322232317j:plain

外観

 

会社帰りに行ったところ、先客は1組。

お店には申し訳ないですが、安心して入店できました。 

 

注文&到着

迷わずタンメンを注文しました。

といっても他にも長崎チャンポンや海鮮タンメンなど魅力的なメニューがあります。

f:id:TanmenClub:20210323000051j:plain

麺メニュー


 

タンメンセットというチャーハンと餃子のセットもあるようですが、

それは恐ろしいほどの炭水化物祭り。よって単品で正解。

 

なおメニューにも書かれていますが、

スープは化学調味料を使わずにつくっているそうです。

果たしてどんなたんめんスープに仕上がっているでしょうか。

 

そんなに待たずに到着です。

f:id:TanmenClub:20210322235624j:plain

タンメン

 

第一印象、  

 

あぶらテラッテラやな!

 

輝き方が違います。光の反射がすごすぎて写真を撮るのもひと苦労です。

香りは特に目立ったものは感じませんでした。

 

スープ

思ったより透き通ったスープです。

ひと口いただきますと・・・

 

おおっ、にんにくが支配しとる!

 

前回の一番飯店のときとは違うけど、にんにく感強いです。

塩味や旨味よりもとにかくにんにくです。ここまでくるとさすがにやり過ぎかなぁ。

嫌いじゃないけど、味のバランスは悪いかも。

といいつつ、ガシガシ飲んでしまいます。

 

あと、あぶらテラッテラということは・・・

ずっと熱いってことです。

 

口の中やけどしました。薄皮はがれました。

食べる際はどうぞお気を付けて。

 

f:id:TanmenClub:20210323211436j:plain

タンメン

 

具材

山盛り感はないので、量が少なそうに見えますが普通といったところでしょうか。

 

内容はよくある組み合わせですが、野菜たちが続々とにんにくに染まる中、

豚肉は豚肉の風味を保っていて味変的な存在でした。

 

にんにく強めのスープにニラも入っていることから、

スタミナつけたいとき向けのたんめんと見てよいでしょう。

 

 

f:id:TanmenClub:20210323212253j:plain

ちぢれ麵

 

細ちぢれ系の麺です。例によってもやしと比較して細いことがわかります。

ゆで加減など特に特筆すべきものはないですが、逆に言うと、ちょうどよく仕上がっています。 

 

量は普通??少ないとは思いませんでした。 

 

おまけ

麺類以外にも定食や一品もあります。

たんめんはにんにく的に仕事中のランチには向かないかもしれませんが、

これだけメニューがあればきっと食べたいものが見つかるハズ。 

f:id:TanmenClub:20210323213140j:plain

定食メニュー

 

 

メモ(2021年3月時点)

  • 中華寿楽
  • 公式サイト: なさそう
  • お店の場所:

  • ぐるなび: r.gnavi.co.jp
  • 注文したたんめん: タンメン(値段:750円税込み)
  • 目視できた具材: キクラゲ、キャベツ、たまねぎ、ニラ、にんじん、もやし、豚肉
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: にんにくが味を支配するスタミナ系たんめん。ちょっとにんにくが強すぎる印象はあるが、嫌いではない。

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★