たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

※当サイトのURLは https://tanmen.club/ です。見た目が同じでもURLが違うサイトへのアクセスは十分お気をつけください。

しっかりした味で旨い王道系/東京・代々木上原/白龍/モヤシタンメン

スポンサーリンク

※投稿日現在、外出を控えないといけない状況なので、訪問については充分ご検討ください。

 

2020年12月来訪 

今回のお店は以前から目を付けていたお店です。

・・・が、4回ぐらい行っていずれとも休業日という不運でなかなか行けず。

ようやく行けました。

(当ブログで代々木上原の登場回数が多いのは、これが原因です)

 

ちなみに、そのときに変わりに行ったお店が朝日屋と梅蘭です。 

tanmen.club

 

tanmen.club

 

  

本日のお店

代々木上原にある白龍さんです。

住宅街の通りにある町中華な店構えのお店です。

カニチャーハンが有名らしいですが、モヤシタンメンもなかなか売れているようです。

 

ちなみに

どうやら週末が連休の場合は、まるまる休業の可能性があるのでご注意ください。 

f:id:TanmenClub:20210112193405j:plain

外観


 

何故このお店を追い続けていたのか?

というと、名前に「もやし」とまでついたたんめんなので、

もやしに自信があるのかと気になっていたわけです。

 

そういえば、薄いスープに大量のもやしってたんめんとしてどうなのよ?って思っていた時期でした。 

  

注文&到着

夜だったのでテーブルは呑みのお客さんで埋まっていました。

店の奥にカウンター席があるので、そちらに座りました。

 

モヤシタンメンを注文してから、メニューチェック!!

f:id:TanmenClub:20210112193711j:plain

メニュー

 

街中華のお店って感じでメニューがひと通り揃ってます。

夜限定のメニューもいくつかありますね。定食はないようです。時間帯とかで別に定食メニューがあるのかもしれませんが。 

f:id:TanmenClub:20210112194149j:plain

メニュー

 

10分ほど待って、たんめん到着~。

ごま油香る王道系たんめんです。

 

肝心のもやしは、量は多すぎず、といったところ。

f:id:TanmenClub:20210112194425j:plain

モヤシタンメン

   

スープ

さっそくスープをひと口。 

おー、王道系だけあってなかなかしっかりとしたスープです。

 

少々こってり感があり、

塩味とコショウ感は強めのですが、旨味はあってバランスのよいスープだと思いました。 

食欲旺盛な人が好みそうな味付け?かもしれませんが、割と好きなスープです。

 

アツアツなので、やけどしないようにするのがちと大変。 

f:id:TanmenClub:20210112194527j:plain

モヤシタンメン

 

具材 

モヤシタンメンというだけあって、もやしにもしっかり味が染みていて、

途中で飽きることはなさそうです。

そこはしっかり作ってあると思います。旨い!と思います。

変わった具材はないですが、

もやしやたまねぎなどのシャキシャキ系野菜が食感を楽しませてくれます。

 

さて、

前々から感じていましたが、正直、青菜系の具材の区別がつけられません。

チンゲンサイ、小松菜、・・・他いくつかあると思いますが、勉強が必要だなあ。

 

麺は固めのゆで加減です。

どうしても徐々に伸びるので、少々固めにしてあるのはいいですね!

しっかりとしたスープとの相性も抜群です。

f:id:TanmenClub:20210112194606j:plain


 

カウンター席が店の奥という独特の配置が面白いです。 

f:id:TanmenClub:20210112194639j:plain

店内

 

 

f:id:TanmenClub:20210112194718j:plain

のれん


モヤシタンメンの名に恥じないもやしの扱い方だなと思いました。

また食べたいなぁと思いつつ今は我慢。

 

メモ(2020年12月時点)

  • 白龍
  • 公式サイト: たぶんない

  • お店の場所:

  • ぐるなび: r.gnavi.co.jp
  • 注文したたんめん: モヤシタンメン(値段:720円税込)
  • 目視できた具材: きくらげ、キャベツ、春菊?、たまねぎ、にんじん、もやし、豚肉
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: 王道系の割としっかりとしたスープ。こってりとしているものの、また食べたいなぁと思えた一品。

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★