たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

中本シリーズ第3弾!塩タンメンと比較してみましょう!/東京・高田馬場ほか/蒙古タンメン中本/塩タンメン

※投稿日現在、外出を控えないといけない状況なので、訪問については充分ご検討ください。

 

2020年12月訪問

蒙古タンメン中本シリーズの第3弾です。

これまでに味噌タンメン蒙古タンメンと食べてきましたが、今回は塩タンメン

 

きっと、中本ファンの人でわざわざ頼む人はいないでしょう。

そこで変わりに食べてみました。

正直、天一で言うところの「あっさり」的な扱いだと勝手に思っています。

 

本日のお店 

行ったのはこのシリーズで毎回登場している高田馬場店です。

12月という季節柄、店前がなんか賑やかになってます。

  

トゥース(クリスマスバージョン)

f:id:TanmenClub:20201222203848j:plain

クリスマスバージョン

注文&到着

券売機で食券を買い、着席します。

値段は蒙古タンメンより少し安い770円でした。

幸いなことに待たないで座れました。行列嫌いとしてはとても助かります。

 

やはり辛いものを売っているお店だからでしょうか?

むせるお客さんがいても大丈夫なように、店内や店員の防御も若干高めです。

 

しばらく待って到着! 

f:id:TanmenClub:20201222204107j:plain

塩タンメン

見た目は普通のたんめんです。

ごま油が香ります。なんとなくにんにく感もあるような。

キクラゲを山頂に添える盛り付けも何気にいいですね!

 

スープ

尖ったタンメンを提供するお店なので、

さぞオリジナリティのあるスープかと思いきや、

 

意外なことに王道タンメン系です。

しかも、王道タンメン系ながらあぶらっぽさ控え目の優等生的なスープです。

 

パンチはないものの、おいしいスープに仕上がっています。

 

具材

たんめんの定番どころの具材が使われています。

唯一、にんにくスライスが入っているのが「らしさ」だと思います。

 

味の染み具合もよい感じです。

そんなに注文されることのなさそうなメニューですが、

気を抜いていないんだな~と感心しました。

 

せっかくなので、塩、味噌、蒙古と並べてみましょう!

f:id:TanmenClub:20201222205054j:plain

塩タンメン

f:id:TanmenClub:20200506014543p:plain

味噌タンメン

f:id:TanmenClub:20200924210209j:plain

蒙古タンメン

 

なんか・・・蒙古タンメンだけ別格・・・

 

味噌タンメン、蒙古タンメンのレポートはこちらからどうぞ。

tanmen.club

 

tanmen.club

 

麺はいつもの太麺です。

濃いめの味に合わせた麺だと思いますが、この塩スープとのマッチングもまずますだと思います。

f:id:TanmenClub:20201222205241j:plain

いつもの太麺

いい調子で食べ進めていたところ、

最後もう少しのところ若干ながら飽きが出てきました。 

 

卓にコショウなどの味変素材がないので、そのまま最後まで食べましたが、

そういう意味では、もう少し濃い味でもよいのかもしれません。 

f:id:TanmenClub:20201222205343j:plain

高角度で突き刺さっているレンゲ

 

 

メモ(2020年12月時点)

  • 蒙古タンメン中本
  • 公式サイト: 

    www.moukotanmen-nakamoto.com

  • お店の場所: 関東各地 ↑の店舗案内から探してみてください。
  • 注文したたんめん: 塩タンメン(税込770円)
  • 目視できた具材: きくらげ、キャベツ、ニラ、にんじん、にんにく、もやし、豚肉
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: 最後はちょっと飽きがきたが、変なクセもなく思ったより優等生のたんめん。卓にコショウでもあればいいかも。塩タンメンなら辛いのが苦手な人も中本に行けるのでは。

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★