たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

野菜600グラムに挑む/タンメン餃子酒場 一正(いっせい)/東京・神田小川町/タンメン

2021年11月訪問

お茶の水に用があり、その流れで入ったお店です。

元々界隈にたんめんのお店は少ないみたいで、検索して見つかったお店は既に閉店、もぬけの殻。
そこであてもなく神田小川町・神保町あたりまで南下してみたところ・・・なにやら気になる看板が。

↓んな看板が!

f:id:TanmenClub:20211129215134j:plain

野菜の量600g!野菜増無料!

大人気!

野菜の量600g

タンメン780円

野菜増 無料!

 

もう、これは入るしかないでしょう!

本日のお店

ということで、そんなイカれたなたんめんを出すお店は、各地下鉄神保町駅の近くにある一正さんです。

2021年11月にできたばかりのお店のようです。

ちなみにお店を出てから外観の写真じっくり撮ろうと思ったら、すっかり忘れてしまいました。
外観はこの写真だけです。

f:id:TanmenClub:20211129215232j:plain

外観

まだできたばかりのお店のようですが、割とお客さんは入っていました。

カウンターが少しだけあり、ほとんどテーブル席です。

注文&到着

券売機でタンメン (税込み780円)を購入。内容の割には安い方だと思います。
この日はたくさん食べるつもりが全くなかったので、無料の野菜増しはナシにしました。

f:id:TanmenClub:20211129215257j:plain

麺メニュー

開店早々「当店人気No.1」なんてわかるかいな!

と軽くツッコミます。

昼は中華単品メイン、夜は飲み屋さんという業態のようです。
界隈は学生さんやら会社員やらいっぱいいるので、需要は高そうです。

f:id:TanmenClub:20211129215316j:plain

酒肴メニュー

と、待っていたら、やってきました。

f:id:TanmenClub:20211129215527j:plain

タンメン

いかん、これは多いゾ・・・

野菜の山が高すぎる。。。しかも密度が濃さそう。

スープ

完全にしょうゆベースです。
上の野菜炒めの影響のあるのでしょうか?とにかくしょうゆです。

f:id:TanmenClub:20211129215554j:plain

スープ

スープトータルとしては嫌いじゃないんだけどなー、やっぱり塩が強いなー。

喉が渇く系です。

しかし、これぐらい強くないとこのたんめん最後まで食べきれないのも確か。これはこれで妥当な方向性なのでしょう。

具材

600gの威力!とにかく山高、爆盛の野菜です!

で、味の方は・・・
いやあ、これもしょうゆに染まっとる!!

簡単に言うと、しょうゆベースの野菜炒めをそのままのっけたようなもんです。

(実際はオイスターソースとか色々混合されてるとは思いますが)

f:id:TanmenClub:20211129215511j:plain

タンメン

これでもし薄味だったら最後がキツイでしょう。スープ同様強めの味が正解。
なので野菜の大部分を支配しているもやしですら、もやしの水分で薄まってるとか一切ないです!

こりゃ、おっさんが食ったらダメだよ~。

んなわけで、おっさんの体には危険なので、お店を出てすぐ水分補給しました。
ちゃんと脂質の吸収を抑えるお茶を。

麺は平ちぢれの太麵です。
コシがしっかりあって旨いです。終盤でもへなへなになることもないでしょう。
量は、当然ですが野菜に負けじと多めだと思います。

野菜に埋もれて救い出すのが大変でした。ここらへんは二郎系と同じです。

f:id:TanmenClub:20211129215645j:plain

なお、太麺あるあるですが、
箸に対して麺が反抗的なためスープが跳ねて汚れます。
ご注意を。

 

さて・・・今回はなんとか完食できました。

ただ・・・この量はリピートは厳しいな。これは血気盛ん、食欲旺盛な学生のみなさん頑張ってください!!

まとめ

メモ(2021年11月時点)

  • タンメン餃子酒場 一正(いっせい)
  • 公式サイト:なし

  • お店の場所:

  • 注文したたんめん: タンメン(値段:780円)
  • 目視できた具材: キャベツ、コーン、にんじん、もやし、豚肉
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: 2021年11月開店の中華料理&飲み屋さん。野菜600g更に野菜増しOKのタンメンは圧倒的!しかし、野菜といえどこれだけ食べれば体に悪いので個人的にはリピートは厳しい。。。血気盛んな学生のみなさん、頑張ってください! 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★