たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

【番外編】特製上海焼きそばよかった/一番飯店/東京・高田馬場/特製上海焼きそば

2021年3月訪問

高田馬場といえば手塚治虫先生ゆかりの街。

先日に続き一番飯店さんに行きました。

といっても今回は番外編ということで、
手塚治虫先生が愛した特製上海焼きそばをいただきに来ました。

にんにくがしっかり効いたたんめんについては↓をご覧ください。 

tanmen.club

本日のお店

本日のお店は一番飯店さんです。

高田馬場駅を降りて早稲田通り沿いを西にひたすら歩きます。
通り沿いのお店が減ってきたあたりでようやく見えてきます。

f:id:TanmenClub:20211115192659j:plain

外観(再掲)

注文&到着 

ほかの麺メニューと比べてお高いので、ちょっと躊躇うところはありますが、
ここまできたら特製上海焼きそばを頼むしかないでしょう。

f:id:TanmenClub:20211115192720j:plain

お薦めメニュー

休日の開店して間もなくの時間に入店したため、
先客はほぼいませんでした。静かに待ちます。

10分ほどして到着。

f:id:TanmenClub:20211115192142j:plain

特製上海焼きそば

上海焼きそばといっても、
ソース焼きそばのしょうゆベース版ではなくてあんかけ焼きそばです。

なかなか具だくさんです。

鮮やかな彩りというわけではないですが、逆に高級感があります。

スープがついてきます。こちらは鶏ガラベースの
昔ながらのラーメンスープっていう感じの懐かしい香りがします。

f:id:TanmenClub:20211115192210j:plain

セットでついてくるスープ

スープ

スープというか餡ですが、

しょっぱいとか甘いとかはなく落ち着いた味に仕上がっています。

そうなると途中で飽きる懸念はありますが、それを見越してか?
ちゃんとカラシが添えてあります(画面奥に写ってるヤツです)。これがいいアクセントになります。

中華餡でときどきうっかりやけどすることがあるのですが、
こちらはそこまで熱々ではないので、安心して食べられました。 

f:id:TanmenClub:20211115192247j:plain

特製上海焼きそば

具材

具だくさんで麺が全く見えません。

あさりやイカ、エビの海鮮系やキクラゲ、しいたけ、袋茸ときのこ系が多いですね。
プリプリ食感が楽しめるものが多いです。

これなら漫画原稿の執筆中でもしっかり栄養が採れそうです。

エビは大小2種類のエビが使われています。大きいエビは衣で揚げてあるようです。
鶏肉も入っていますが、こちらも衣で揚げてあるようです。

芸が細かいな。

ちなみにしいたけが香りのベースになっています。しいたけ苦手な人には辛いかも? 

麺は細ちぢれ麺でたんめんと同じものでしょう。

f:id:TanmenClub:20211115192329j:plain

細ちぢれ麺

・・・具だくさんすぎて、
麺が足りないことに途中で気づきました。やむなくしばらく具だけ食べて調整しました。

具材と中華餡との絡みより、麺と中華餡との絡みが美味しかったので、
そういう意味でも、もう少し麺が多いと楽しめていいかもな、と思いました。

まとめ

値段高いなっ!と思いましたがそれに見合った具だくさんな内容でした。

麺がもう少し多いともっと楽しめそうです。

以上、手塚治虫先生が愛した逸品のレポートでした。

メモ(2021年3月時点)

  • 一番飯店
  • 公式サイト:

    ichibanhanten.com

  • お店の場所:

  • ぐるなび: 
    一番飯店
    〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-28-18
    2,000円(平均)1,000円(ランチ平均)
    r.gnavi.co.jp
  • 注文したたんめん: 特製上海焼きそば(値段:1450円税込み)
  • 目視できた具材: チンゲンサイ、キクラゲ、しいたけ、袋茸、アサリ、イカ、エビ、小エビ、鶏肉
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: 値段高いなっ!と思ったがそれに見合った具だくさんな内容だった。麺がもう少し多いともっと楽しめそう。

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★