たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

こんなところにたんめんが!/東京・西早稲田/伊勢屋/タンメン

こんなところにたんめんがあるんだ!というお店、伊勢屋さんです。

おはぎ等の和菓子のお店にしか見えない店構えで、あやうく通り過ぎるところでした。

 

そうは言っても地域では知られているようです。近隣の大学関係と思われる人が来店していました。また、おにぎりを売っているので、通りすがりに店頭売りでおにぎりを買っていく人も多かったです。

f:id:TanmenClub:20200712102212j:plain

外観

 

店内はテーブル席のみで、扉を開けて左右に配置されています。2人席もありますが、4人席が多いので4人席を1人で使うと少し気まずいかも。

 

お冷だけでなくあたたかいお茶も出されたのは自分的にはポイント高い!

f:id:TanmenClub:20200712103005j:plain

お茶つき

注文したのはもちろんタンメン。後から知りましたが、どうやら塩としょうゆの2種類から選べるようです。何も言わないと塩になるようです。

f:id:TanmenClub:20200712104104j:plain

お品書き(左側はおにぎりや甘味のお品書き)

 

さて到着したタンメンですが、

値段の割に量は満足感ありです。具材の山は高くないですが、食べてみると野菜が意外と多いです。これは栄養補給できそう。

野菜だけだと飽きそうですが、細切りのなるとや少し厚みのある豚肉も入っているのでアクセントになっています。

 

f:id:TanmenClub:20200712104433j:plain

タンメン

 

 スープは塩味が強めですが、基本的なたんめんのスープです。普通のたんめんスープにはもはや魅力を感じない私ですが、このスープはどこか落ち着くものを感じます。嫌いじゃないです。

そして最近太めの麺が多かったので、ひさびさの細麺なのも嬉しかったです。

 

これからも地域や学生街の食を支える存在でいてほしいです。 

f:id:TanmenClub:20200712105525j:plain

タンメン

メモ(2020年7月時点)

  • 伊勢屋
  • 公式サイト: (たぶんない)

  • お店の場所: 東京都新宿区西早稲田2-18-20
  • 行き方: 各線高田馬場駅を降りて早稲田通りを早稲田大学にひたすら歩く。
  • 注文したたんめん: タンメン(値段:720円)
  • 目視できた具材: きくらげ、キャベツ、なると、ニラ、にんじん、もやし、豚肉
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: 野菜の補給にはありがたい。味は普通な気がするがどこか落ち着く味でもある。あたたかいお茶も出てくるのがいい。食後の甘味と併せて頼むのもアリ!

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★