たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

【沖縄そばで作られたたんめん】沖縄タンメン/やんばる/東京・新宿

スポンサーリンク

2022年4月訪問

今回は、たまにある「まさかたんめんなんてないよな」と思ってお店をのぞいたら「あれ?あるぞ!」というパターンです。

本日のお店

本日は、新宿三丁目にあるやんばるさんです。沖縄料理のお店です。
この写真のすぐ奥にもお店があるほか、池袋、渋谷にもあるようです。

外観

カウンター席のみですが、20人弱は入れそうです。お客さんは絶え間なしにやってきていました。

注文&到着

入店前に沖縄タンメンの食券を購入しました。

運よく一席だけ空いていたので待たずに入れました。

メニュー

沖縄の料理を手軽に味わえるお店ということで、有名どころはしっかりあります。どれも美味しそうなのでイメージなしで行くと迷ってしまいます。

ちなみに、どうもソーキそばと沖縄そばの違いを忘れてしまうのですが、Wikipediaによると豚のスペアリブがソーキであり、沖縄そば+ソーキ=ソーキそばだそうです。

ja.wikipedia.org

調理風景を眺めながら10分ほど待ちます。

そして到着!

沖縄タンメン

なかなかあぶらのテラテラ感がある仕上がりです。

沖縄そばをベースにして作られています。

スープ

では、スープをひと口。

スープ

かつおだしが効いていて沖縄そば感いっぱいです。

ただ、なんだろうなぁ、旨みが弱くて塩が際立っているので、正直たんめんとしては合わないいかなぁ。野菜炒めのあぶらにスープが負けてるというか。

でも、そのまま沖縄そばとして食べるスープとしてはすっごく旨いんです。麺と合わせて食べるとサイコー!!!

具材

調理を眺めていたところ、野菜は炒めを載せたものでスープによる炊きはなしです。

野菜は内容的には標準的なものですが、何と言ってもスパムが特徴的。このブログ初登場です。

というか・・・私自身の人生初スパムです(たぶん)。

沖縄タンメン

もやし中心とはいえ、それなりに量はあります。

スープの件もあって最初はスープに味がなじんでいませんが、なんとも不思議なもので、食べ進めていくうちに舌が慣れてきて調和してきます。

少し平太のちぢれ麺は、まさに沖縄そばのそれ。旨いっす。
沖縄に行ったときに食べたのもこんな感じだったなぁ。

いや~沖縄行きたいなぁ~という気分にさせてくれます。

ということで、私的には野菜炒めと沖縄そばは別々に味わいたい!となりました。

まとめ

メモ(2022年4月時点)

  • やんばる
  • 公式サイト:

    www.yambaru1988.com

  • お店の場所:

  • 食べログ

    tabelog.com

  • 注文したたんめん: タンメン(値段:850円)
  • 目視できた具材: キャベツ、モラ、にんじん、もやし、スパム
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: 個人的には、たんめんにしないで沖縄そばと野菜炒め別々に食べた方が旨いかも。それにしても沖縄行きてえなぁ。

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★