たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

【スゴクカタイ】久々の新幹線アイスに大満足!しかし将来は不安アリ?

スポンサーリンク

先日のスガキヤレポートの際の移動手段は新幹線でした。

最後に新幹線に乗ったのがついこの間のような感覚だったのですが、冷静に考えると実は2年ぶり。

tanmen.club

せっかく乗った久々の新幹線でアレを食べない手はない!

ということで新幹線アイスをいただきました!

名古屋駅にて

東京駅を発車後、車内販売のお姉さん(お兄さん)早く来ないかな~とそわそわ。

すると
なんと新横浜手前で来た!

溶かす時間があるので、早めに来てくれるととても安心します。

種類はバニラ、抹茶、チョコの3つ。
復帰戦ではもちろんバニラ(320円)を選択しました。以前より1割ほど値上がりしてますね。

バニラ

テーブルに置かれた新幹線アイスは
いやぁ~やっぱりカッチカチやな~!

今日も霜がついてます。中も硬いので10分ぐらいは寝かせて食べることが多いです。寝かせずに必死に表面を削って食べるのもアリ。

深い青にゴールドがアクセントになっているなかなか高級感のある外見です。

上から

「北海道産生クリーム使用」の文字。

そして、種別表示欄に堂々と記載されたアイスクリームの文字。アイスミルクでもラクトアイスでもありません。

濃厚なんです。

アイスクリーム

またアイス本体のほかにスプーンやお手拭きがついてきます。昔は殻入れのビニール袋もついてきましたが、大変残念なことになくなったようです。

車内を汚さないための袋だったのに。。。

付属品

付属のスプーンが新幹線アイスのもうひとつの主役です。

このスプーンじゃないとカッチカチのアイスを削ることができません!スーパーにあるような木べらのスプーンは一瞬でへし折れます。

いよいよ外蓋を外すと・・・
内蓋があります。しっかりと外気から遮断されてます。

中蓋

今度こそ!

開封

あっ!?
結構溶けてる。。。

まあ↓んな写真撮るためだけに、新横浜手前からずっと放置してたらさすがに溶けます。

富士山をバックに新幹線アイス!

たまに乗った新幹線でこれだけ綺麗に富士が見える機会を逃すわけにはいかないので、食べずに我慢しました。

逆にこんなに溶けるまで待ったことはないので、すごく食べやすかったです。

ここからは景色を眺めながら優雅な試食タイムです。
まだ沿線の桜も残っていて「日本の春だな~」という感慨もあります。

横から

そして・・・完食!

うーん大満足!!

完食!

最後にお片付け。

お手拭きでテーブルを拭いたあと、空箱の中に全て詰め込んでしまいます。

(ご家庭で捨てる場合はちゃんと分別してくださいね)

コンパクトにお片づけ

以上、新幹線アイスのレポートでした。

 

と、とてもハッピーな時間を過ごしたわけですが、
東海道新幹線における新幹線アイスの将来は決して明るいものではありません。

直近では巷でプラスチックスプーン添付への圧力が高まっています。

そして、リニアが開通したら車内販売があったとしても時間のかかるアイスはなくなるでしょう。
かといって在来新幹線では乗客が減ったら車内販売自体がなくなるかもしれません。

現在でも一部の駅売店で買って乗車することはできるらしいので、そのような形に変わっていくのでしょうか?

 

また、今はオンライン販売などでも展開されているようですが、

www.jr-cp.co.jp

「新幹線アイスには旅のお供としてこれからも生き残って欲しい」という想いと共に、先手を打った(新幹線に限らない)旅のお供としての生き残り策(と宣伝広報)を期待したいです。

富士山をバックに新幹線アイス!part2