たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

ニッポン放送朝のあの番組リスナー必見??/川崎・多摩区/やまきや/タンメン

皆様、新年あけましておめでとうございます。

 

新年最初は、

コショウ辛いたんめんを捜索するシリーズです。

ラーメンも扱っている定食屋さんのたんめんや蕎麦屋さんのたんめんを念頭に探しています。 

 

今回ひっかかったお店は↓コチラです。

そして謎のタイトルは意味は後ほど。

  

本日のお店

2020年11月訪問

神奈川県川崎市にあるやまきやさんに行きました。

海から山まで縦の長い川崎市の北端、もう少しで東京都という場所にあります。

京王相模原線やJR南武線稲田堤駅が最寄り駅になります。多摩川も近いです。

f:id:TanmenClub:20201216192501j:plain

外観

 

お店は、JR南武線沿いの住宅街の中にあります。

入店してまず思ったのは、店内がきれいなこと。

改装したてなのでしょうか?椅子もテーブルも汚れや傷が少なく木目がきれいです。 

f:id:TanmenClub:20201218203656j:plain

内装がきれい

  

注文&到着

完全にお昼を過ぎた時間なので先客1人でした。テーブル席と座敷があり、

テーブル席を快適に使うことができました。

 

今日もタンメンを注文してしばし待ちます。

と、待っている間、店内を見まわしていたところ↓を発見!!

f:id:TanmenClub:20201211220311j:plain

あなたとハッピーのサイン色紙を発見!!ステッカーもある!

 

あなたとハッピー(※)リスナーだったのか!

 

初めて番組のサイン色紙見ましたが、さすがブタ村の住人カッキー。。。そうきたか。

しかも熊谷アナのサインがあるということは割と最近のものだ!!

 

ニッポン放送の朝8時~11時30分までのワイド帯番組です。私も出勤時間に余裕があるときは聴いてます。

 

と、一人で興奮しているところに、タンメン到着。

f:id:TanmenClub:20201218201019j:plain

タンメン

 

和風なテイストの中に中華感のあるたんめんの取り合わせが面白いです。

 

スープ 

スープが並々と注がれています。

 

最初のスープを飲む瞬間、魚粉のような香りがします。

たぶん蕎麦の出汁と同じものをたんめんにも使っているのではないかと推察されます。

ちなみに蕎麦つゆっぽい酸味のあるスープとなっています。 

 

後で調べてみたところ、蕎麦の出汁を煮過ぎると酸っぱくなるとのこと。

(実際ところ出汁を煮過ぎた結果なのかは不明です)

 

正直なところ、個人的にはこの酸味はない方がより美味しいだろうな~と思いました。 

好みのわかれるところかもしれません。

 

でも、王道系じゃないたんめんを期待しているところはあるので、

「そのお店らしさが出ている」という点では好きです。

f:id:TanmenClub:20201218201340j:plain

タンメン

 

具材

具材は、キクラゲ、キャベツ、ニンジン、豚肉、というたんめんの王道ですね。

しっかり味のしみています。スープが多いので量は少ないように見えますが、

食べてみるとほどよい量があります。

 

スープのあぶらクドさがそこまでないので、食べやすいです。

  

中太の麺は柔らかめのゆで加減です。

このスープにはちょうど合っている麺だと思います。太麺や細麺だとやっぱりなにかが違う気がします。

 

量は若干多めかも?しれません。 

f:id:TanmenClub:20201218201308j:plain

 

 

すっかり忘れていましたが、メニューはこんな感じです↓

f:id:TanmenClub:20201218201944j:plain

メニュー

 

多彩なメニューですね!開花丼もあります。

ハンバーグもある。うなぎまであります。いいですね! 

f:id:TanmenClub:20201218202017j:plain

店内

 

 

ついでにあなたとハッピーの公式サイトも載っけとこ!

www.1242.com

 


  

メモ(2020年11月時点)

  • やまきや
  • 公式サイト: たぶんない

  • お店の場所:

  • 注文したたんめん: タンメン(値段:750円税込み)
  • 目視できた具材: きくらげ、キャベツ、にんじん、豚肉
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: たんめんについては厳しめの評価だが、蕎麦など気になるメニューがまだまだたくさんある。「あなたとハッピー」リスナーは訪れてみる価値があるかも?

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★