たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

【番外編】たんめんの店のラーメンを食す/東京・東中野/十番/チャーシューメン

2020年10月来訪

先日の十番さんの記事の中でも触れたように、

角切りストレート麺と醤油スープのマッチングが気になったため、

ラーメンを食べに東中野に再訪しました。

 

tanmen.club

 

 

19時前に到着。

f:id:TanmenClub:20201007000434j:plain

看板

f:id:TanmenClub:20201006224221j:plain

入り口

 

 

いくつか席は空いている状態でした。もし満席だったらあきらめて帰ろうと思っていたのでよかったです。

とはいっても、餃子のテイクアウトも含めてお客さんがひっきりなしにやってきます。

f:id:TanmenClub:20201006224832j:plain

メニュー

 

 

さて、

今日は奮発してチャーシューメンを頼みました。

 

待っている間、カウンター席から調理の様子を眺めていました。

厨房を見ているの楽しいですよね? 調理の方は気が散るかもしれませんが・・・

 

途中、店員さんの「麺あと4つ!」「あと3つ!」「あと1つ!」という業務連絡が響きます。

・・・そして品切れになりました。

19時で麺が品切れです。やはり人気のお店は違いますね!

 

 

そうこうしているうちに到着!

f:id:TanmenClub:20201006225048j:plain

チャーシューメン

ついでに比較用にタンメンの写真を再掲。

f:id:TanmenClub:20200801221904j:plain

タンメン

 

 

大判のチャーシューが4枚、ドンと載っています。

その下には炒めたもやしがあり、脇をメンマやねぎ、焦がしたまねぎが固めます。

チャーシューは大判なだけでなく、厚みもしっかりあります。

 

十番さんは平凡な名前のメニューであっても、ちょっと工夫があっていいなと思います。

 

で、

冷めないうちに早速スープをいただきます。

 

おおぅっ、しょっぺえなー(褒めてます)

 

たんめんが優しい味だったので、ラーメンも優しめのスープかなと思いましたが、

全くそんなことはなく、ま~しっかり醤油ラーメンでした。

 

もう少し塩薄めの方が体には優しそうですが、

このバランスでも充分に美味しいです。

f:id:TanmenClub:20201006231032j:plain

チャーシューメン

 

 

で、肝心の麺とスープとのマッチングですが、

予想通り・・・

 

最高!!

 

麺にスープが絡んでとっても食べ応えあります。これが、例えば細ちぢれ麺だったらきっと平凡なラーメンだったんだろうなあ、と。

 

この麺好きだなあ。

f:id:TanmenClub:20201006232716j:plain

角切りストレート麺



ここで、ふと大事なことを思い出しました。

店員さんが麺の残数カウントダウンしていたということは、麺料理はこの麺を共通で使っている思われます。

 

つまり、まだ食べていないヤキソバもかなりの確率でこの麺なのかなと。

これはヤキソバも期待したいです。

 

 

ということで、次行く機会があったらヤキソバ頼んでみようかなー、というのが今回の結論。

 

どんどんたんめんから逸れていっているゾ・・・ 

f:id:TanmenClub:20201007000152j:plain

売り切れのため閉店です


 

メモ(2020年10月時点)

  • 十番
  • 公式サイト: たぶんない

  • お店の場所: 東京都中野区東中野3-7-26
  • 行き方: JR東中野駅の西口から、山手通りを渡ってすぐの東中野ギンザ通りに入って1分ほど歩く。都営東中野駅ならより近い。
  • 注文したたんめん: チャーシューメン(値段:800円税込)
  • 目視できた具材: 焦がしたまねぎ、ねぎ、メンマ、もやし、チャーシュー
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: ちょっとしょっぱいけど、麺とスープのマッチングよし!

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★