たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

私のたんめんの原点/東京・新宿/老麺処 圓/新宿タンメン

今日のたんめんは、初めてお店でたんめんを食べたココにしました。

 

10年ほど(とっても記憶が曖昧)前だったと思います。

用事で新宿に出たときに「せっかくだからご飯食べてこ」と思って探してたときに見つけたお店です。新宿駅西口から1、2分の便利さです。

 

ひとめで看板メニューとわかる、地名がついたメニュー「新宿タンメン」。お店で提供されるタンメンをはじめて食べたときの感想は、「やっぱり塩ラーメンぽい味とは違うんだなー野菜も採れていいなー」みたいな感じでした。

 

それ以来ときどき来店していましたが、今回頼んだのももちろん原点である「新宿タンメン」。

新宿タンメン

新宿タンメン

量はそこそこあります。こうやほどではないですけど。

 

tanmenclub.hatenablog.com

 

豪華に8種類の具材が使われています。個人的にはニラの茎が入っているがいいですね。あの食感が好きです。

 

で、たぶん・・・味ははじめて食べたときから変わっていると思います。昔はもっと白い透明感のあるスープで、塩気が控えめだった記憶があります(注文間違えがあったかもしれないので、またいずれ来店したときに再注文してみようかと思います)

とはいってもこのお店はメニューも徐々に増えているので、時代に合わせて変化させているのだと思います。他にも味噌、醤油、とんこつなどスープが選べます(値段は変わります)。セットメニューもあります。 

 

実のところ、今となっては特筆すべき点はないのですが、今でもお店の前を通るだけで特別な気持ちになります。

私にとってそういう存在のお店としてこれからも通いたいと思います。

 

メモ(2020年2月時点)

  • お店の場所:東京都新宿区西新宿1丁目西口地下街1号 小田急エース内
  • 注文したたんめん:新宿タンメン(税込858円)
  • 具材:キャベツ、白菜、たまねぎ、たけのこ、にんじん、ニラ、もやし、きくらげ、豚肉
  • 肉入り?:YES
  • 個人的な感想:特筆すべきものはないが、場所が便利なのと、スープの種類が多いので色々なたんめんをライトに味わえる。量は少し多め。

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★