たんめん倶楽部

毎週金曜更新!自分好みの「たんめん」を求めて各地を探訪していきます

塩味+旨味+○○の器用なバランス感が面白い/茨城・北茨城/お食事処 山口屋(山口屋食堂)/タンメン

2020年10月来訪

茨城県最北の地、北茨城市にあるお食事処 山口屋山口屋食堂)さんまで遠征してみました。

 

f:id:TanmenClub:20201005202952j:plain

外観


 

お店がある北茨城市磯原駅まで上野駅から200km弱、特急ひたちで1時間40分です。

ちなみに北茨城市といえば五浦海岸で有名ですが、そこに近いのは1駅となりの大津港駅になります。

 

それにしても特急ひたちの車両は、なんだかイルカっぽさと歌舞伎っぽさが混ざったようなフェイスです。

ついでに言うと何かのポケモン似てる。

f:id:TanmenClub:20201005204904j:plain

特急ひたち



さて、

静かな磯原の街に降り立ちました。帰りの電車の時刻を確認してから、

駅からすぐのところにあるお店に直行しました。

f:id:TanmenClub:20201005223011j:plain

外観

 

 

テーブル席のみで、お昼少し前の到着で先客は1人でした。

4組ぐらい入店したら満席でしょう。

消毒液などは置いてありますし、手洗いのお願いの貼り紙がありますので、

そこは従いたいところ。

 

 

店内は、なぞの置物がいっぱい飾ってあったり懐かしい雰囲気です。

子供のころに感じた「おじいちゃん・おばあちゃんの家」的な感じです。

 

敢えて写真には挙げませんので、現地に行ってみてください。

f:id:TanmenClub:20201005211225j:plain

メニュー

 

 

たんめんを待つ間にメニューを眺めます。

 

たんめんは600円でなかなかお安めです。  

また、他のメニューに比べて何故かカレーが高めなのが気になります。カレー好きでもあるので、これは凄いカレーが出てくるのではないかと期待してしまいます。

 

 

★ここで大切なご注意★

正直、少なくとも私が行ったときは、

テーブルや給仕されたお盆が拭かれていなかったりで、多少おおっ!っと思いました。

 

なので、

お客側もお店側もお互い不幸になることを避けるため、

綺麗好きな方は行かないことをお勧めします。

 

ちなみに、私はまた行きたいな、と思っています。

 

さて、たんめんが来ました。

f:id:TanmenClub:20201005213604j:plain

タンメン

 

 

ごま油の香りがいいですね。

一見煮込みのように見えますがちゃんと炒めも入っているようです。

 

そしてこのスープに浮いたコショウはもしかして!!

 

さっそくスープを飲みます。

やっぱり!

やっぱりコショウ辛い系たんめんです!!

   

コショウ辛いたんめんといえば、東京・代々木上原の朝日屋さんを思い出しました。

朝日屋さんのたんめんは、びっくりするほど攻撃的なコショウ辛さで面白かったのですが、 

こちらのたんめんは、コショウ辛さ、塩味、旨味が器用に、バランスよく仕上がってます。

(ということで、タイトルの○○は「コショウ辛さ」でした)

 

特に、塩味、旨味の2軸だけでもバランスが崩れているたんめんもあるのに、

3つめの軸も加えてなおバランスよく仕上がってる点が凄いな、と思います。

 

tanmen.club

 

  

はっきりいって、このたんめん好きです。

このちょうどよいコショウ辛さは癖になりそう。

私の「また食べたいたんめんリスト」は塩味と旨味だけのたんめんが多いので、新しい扉が開きました。 

f:id:TanmenClub:20201005213639j:plain

タンメン

 

 

山が低いので野菜は少ないように見えますが、こう見えて割と量はあります。

豚肉も含めて全部で6種ほど入っていて、味も染みていていい感じです。

また、細ちぢれ麺も硬さが残っていてよい塩梅です。

 

このあと夢中で食べました。 

f:id:TanmenClub:20201005221413j:plain

細ちぢれ麺


 

ブログを書きながら写真を見ているだけでまた食べたくなるたんめんでした。

いつまでも残っていてほしいお店です。

 

また行きたい。。。

 

●おまけ●

f:id:TanmenClub:20201005225848j:plain

太平洋を望む

 

あいにくの曇天ですが、この太平洋の水平線の先は、

ミッドウェー島やハワイまで陸地がないんだ~と思うと不思議な気持ちになります。

 

 

メモ(2020年10月時点)

  • お食事処 山口屋
  • 公式サイト: なし
  • お店の場所:

  • 注文したたんめん: タンメン(税込600円)
  • 目視できた具材: きくらげ、キャベツ、たまねぎ、にんじん、もやし、豚肉
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: コショウ辛さが癖になる。また食べたいたんめん。ただし綺麗好きな方は行かないことをお勧め。

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★

蒙古タンメンと味噌タンメンはこんなに違うのね/関東各地/蒙古タンメン中本/蒙古タンメン

2020年9月来訪

少し肌寒くなったある日、ひさびさに蒙古タンメンの辛さが恋しくなり、

会社帰りに蒙古タンメン中本さんに寄ってみました。

 

蒙古タンメンは有名で今更感もあるので、今回はレポートだけじゃなく

せっかくなので過去記事の味噌タンメンの写真と軽く比較してみました。 

 

トゥース!

f:id:TanmenClub:20200924204041j:plain

蒙古タンメン中本と言えば・・・

 

 

前回は味噌タンメンを食べましたが、今日は辛さを求めていたので、

ためらいなく定番の蒙古タンメンにしました。 

tanmen.club

 

 

しかし、赤い。とことん赤いっっ。。

 

味噌タンメンと比べて全然色がおかしい。

野菜の色がみたことないような色になってます。もうなんの野菜だかよくわからんとです。

f:id:TanmenClub:20200924204638j:plain

蒙古タンメン


 

何せ久々の蒙古タンメン

むせないように気を付けながらひと口目を。

 

うーん、相変わらず強烈な味だな~

でもこれが旨い!

 

そして、辛さの中に埋もれてしまいがちですが、

実は麺がおいしいことに気づきました。

太麺で最後までしっかりとした歯ごたえのある麺です。

この辛さを受け止めるにはこれぐらいの太さがちょうどよいのでしょう。

f:id:TanmenClub:20200924210521j:plain

 

 

といったところで、

過去記事から比較用に味噌タンメンの写真を再掲してみました。 

f:id:TanmenClub:20200924210209j:plain

蒙古タンメン

f:id:TanmenClub:20200506014543p:plain

味噌タンメン

 

 

ご覧の通り、もう全くの別物です。

 

味噌タンメンは肉も入っていてたんめんとして、

とても優しそうに作ってあるのに対して、

 

蒙古タンメンは、これでもかぁ!ってぐらい

店員さんの真っ赤な情熱が注ぎこまれています。 

 

ということは、これを超えるという北極とかいうメニューは相当ヤバいんだろうなぁ・・・

まあ、一生食べることはないですけど。

 

 

さてさて、

あなたはどの蒙古タンメンがお好みでしょうか?

 

 

メモ(2020年9月時点)

  • 蒙古タンメン中本
  • 公式サイト: 

    www.moukotanmen-nakamoto.com

  • お店の場所: 関東各地
  • 注文したたんめん: 蒙古タンメン(税込820円)
  • 目視できた具材: きくらげ、キャベツ?、ニラ、にんじん、にんにく、白菜、もやし、豆腐餡
  • 肉入り?: NO
  • 個人的な感想: 辛さで有名だが、実は麺がおいしいことに気づく。寒い時期に体を暖めるのにもってこい!

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★

迷ったときはこれを頼めばOK/千葉・船橋/栄華光/タン麺

2020年9月来訪

所用で千葉県の船橋市に行った帰り、

駅前でふと見かけた栄華光さんに入ってみました。

 

JR船橋駅の南口から1分もかからない場所にあり、とても便利な立地です。

9月にはまだ「冷やし中華」ののぼりが現役です。

f:id:TanmenClub:20200924220908j:plain

外観(ショーケースは写真の左にあります)


 

街中華じゃない系のお店だとメニューに湯麺しかないことも多い中、

ショーケースの中にしっかり日式たんめんの見本があったことが決め手です。

というか直感です。

 

店内は広々としていて、混んでいなければ落ち着けそうです。

また、入店時に検温がありました。

  

「タン麺」の表記のお店は初めてです。

注文したあと、しばしメニューを眺めます。

 

広東麺のスープが真っ黒なのが気になります。いったいどんな味なのでしょう??

f:id:TanmenClub:20200924221055j:plain

メニュー

 

 

さて、

到着しました。

 

まず

なかなか彩りがいい!

 

これだけでもポイント高いです。

f:id:TanmenClub:20200924221510j:plain

タン麺

 

 

そして肝心の味ですが、

 

塩味と旨味のバランスがよくおいしいです。

おそらく中華の湯麺用のスープがベースなのでしょうが、街中華のたんめんとは方向性が異なる旨味です。
 

湯麺用のスープであればマズいわけないので、逆に言うと意外性や面白味はないのですが、

メニューに迷ったときの安パイと言ってよいでしょう。

 

私が行ったときもけっこう注文している人がいたので、割と看板商品なのだと思います。

 

直感を信じたかいがありました!

ごちそうさまでした。

f:id:TanmenClub:20200924222407j:plain

タン麺

 

  

メモ(2020年9月時点)

  • 栄華光
  • 公式サイト: 

  • お店の場所:

  • 注文したたんめん: タン麺(値段:730円)
  • 目視できた具材: きくらげ、キャベツ、春菊?、たまねぎ、にんじん、もやし、豚バラ肉
  • 肉入り?: YES
  • 個人的な感想: 旨味があって素直においしい。迷ったときはこれを頼めばOKの安パイの一品。

 

★独特の視点で自分好みのたんめんを探しています。読者登録をお願いします。★